●厚生労働省が定める先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の
 認定手続きを行い、認められました。

先進医療認定施設の認定手続が認められたことにより、
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術での術前術後の診察・検査・薬代が保険適応となります。

また、民間の医療保険で先進医療特約を付帯している方は手術費用が給付される場合があります。
詳しくはご加入の保険会社にお問合せください。

●当院では最新のOCTを使用しています

当院ではOCT(光干渉断層撮影)による緑内障の診断・経過観察を行っています。
OCT-Angiography搭載で網膜毛細血管を各層別に観察可能です。

くわしくはこちら